インクル MARUNOUCHIで開催・障がい者雇用に関する様々な情報を提供するイベント・セミナー情報

明日から実践!法律と事例から学ぶ「合理的配慮」

明日から実践!法律と事例から学ぶ「合理的配慮」|インクル MARUNOUCHIセミナー

障がい者雇用促進法の改正のポイントである合理的配慮について一緒に考えましょう

障がいをお持ちの方を、フルタイム勤務(9時~18時)で採用しました。職域開拓・業務切り出しを行いましたが、それぞれの職場から「難しい」との声が上がり、その方にはコピー用紙の補充、会議室の準備と片付け、廃棄書類のシュレッダーかけ等をお願いすることにしました。
しばらくは、それらの仕事をしてもらっていましたが、1日分の仕事にはほど遠く、やがてその方から「まったくすることがなく、どうしたらいいのか分かりません。私は、この会社から必要とされていないのではないかと不安でいっぱいになります。」との相談がありました。

このようなケースにおいて、合理的配慮の観点からどのように対応しますか?

障がい者雇用促進法の改正に伴い、「雇用の分野での障がい者の差別禁止」「雇用の分野での合理的配慮の提供義務」が謳われております。
特に精神障がい者の雇用義務化に伴い、精神障がいの方の採用を行っている企業様も多いかと思います。
そういった障がいの方に対する合理的配慮のための手順や実践方法を、弊社のサポート事例も交えながらお伝えいたします。
「成功する精神障害者雇用」を執筆した、弊社法務担当が登壇いたします。

プログラム

受講対象者

  • 合理的配慮・相談窓口体制を構築したい企業様
  • 障がい者の方からの相談事項、配慮事項で困っている企業様

セミナー内容

  • 合理的配慮のための手順(募集・採用時/採用後)
  • 「過重な負担」を判断する6つのポイント
  • 合理的配慮に求められる「相談窓口体制」
  • スタートラインのサポートを活用した合理的配慮の実践事例

スケジュール

5/9(木)

16:00~17:30

会場:インクル MARUNOUCHI
住所:東京都千代田区丸の内3丁目4番1号 新国際ビル5階 536区
多くのご来場ありがとうございました。

お申し込みはこちら


一覧にもどる